保育園のすがた 給食室からのお知らせ 入園の方法
スケジュール こんな保育も えんだより 福角保育園が目指すもの
園内の様子 地域子育て支援センター HOME Q&A
福角保育園が目指すもの

 事業の目的
社会福祉法人福角会が開設する認定こども園福角保育園は、特定教育・保育施設の適切な運営を確保するために、人員及び管理運営に関する事項を定め、当園を利用する小学校就学前の子どもに対し、適切な特定教育・保育を提供することを目的とします。
UP

 事業の方針
良質な水準かつ適切な内容の特定教育・保育の提供を行うことにより、全ての子どもが健やかに
 成長するために適切な環境が等しく確保されることを目指すものとする。
利用子どもの意思及び人格を尊重して、常に利用子どもの立場に立って、特定 教育・保育を提供
 するよう努めるものとする。
地域及び家庭との結びつきを重視した運営を行い、都道府県、市町村、小学校、 他の特定教育・
 保育施設等、地域子ども・子育て支援事業を行う者、他の児童福祉施設その他学校又は
 保健医療サービス若しくは福祉サービスを提供する者との密接な連携に努めるものとする。
UP

 保育理念
 子ども達のより豊かな成長を願い、一人一人を大切に保育します。
 お父さん お母さんが安心して働けるよう、子育てのお手伝いをします。
 家庭と園とが協力し合い、心と体を育てます。
 地域の人との連携を大切にし、子育て支援センターとしての役割を果たします。
UP

 保育方針
 元気で明るい笑顔の子
 思いやりのある優しい子
 自分のことは自分で頑張る子
UP

 保育目標
 よい環境の中で安心して健康に過ごす。
 人との関わりの中で思いやりや協調性を育てる。
 子供の自主性を大切に一人一人の望ましい発達をめざす。
UP

子どもは大人によって生命を守られ、愛され、世話をされることによって、自らも大人を愛し信頼するようになります。その互いの働きかけによって(子どもは)情緒的に安定し、人への信頼感と自己の主体性を深めていきます。
 一日の大部分を保育園で過ごす子どもにとって、保育園職員との関係は、その子どもの成長・発達に大きな影響をもたらす重要なものの一つです。
 子どものより豊かな成長のために、福角保育園は以下の保育姿勢をお約束します。

1.愛情をもって、子ども一人一人に接し、一人一人を大切にします。
2.よい態度、よい言葉、笑顔で保育を実践します。
3.子どもを丸ごととらえ、その子どもの発達に応じた保育を実践します。
4.一人一人の子どもの、発達の全体像を理解する努力をします。
5.「できる」ことを、より深める視点をもって保育をします。
6.子どもの気持ちを読み取る感性を持って保育に臨みます。
7.家庭との連携を深め、相互協力して子どもの成長に関わります。
8.職員は研修を重ね、自らの人間性と専門性の向上に努めます。
9.一人一人の状態に応じた給食を提供します。
10.地域の子育て支援の中心となる役割を果たせるよう努力を重ねます。
UP

Copyright(C) 2004 fukuzumihoikuen. All Rights Reserved.